ブラックウォッチでクラシカルなジャケットを

皆様こんにちは!
本格的な冬がやってきましたね、体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

さて皆様は”ブラックウォッチ”はご存知ですか?
dpiをご愛用の方なら「そんなこと今更~」と笑われてしまいそうですが
本日はこちらをじっくりご紹介です。

”ブラックウォッチ”

ブラックウォッチ・・・黒い時計の意味ではないです!

「タータンチェック」といわれるとピンと来る方は多いはず。
まずはそちらの由来から、

タータンとは、スコットランド北西部で発展した織物のことです。

基本的には、色の付いたウールを綾織りにした
特徴的な格子柄のある生地を指します。

織り組織がシンプルな綾織りでも、
染色した糸を組み合わせる格子模様は、
さまざまな柄を簡単に作り出せるので、
世界各地に普及しました。

タータンチェックには本来用途があり、
クランタータン(クラン=氏族を表すもの)や
レジメンタルタータン(連隊用)など、
今では170種類以上あるといわれています。

クランタータンは日本の家紋のようなものなので、
一族には決まったタータン柄があり、
その柄を見れば家柄がわかるそうです。
また、”スコットランド人であること”の象徴ともされ、
スコットランドの伝統文化ともいわれています。

現在では色柄からファッション素材として、幅広く取り入れられていますが、
そこにはスコットランドの伝統がきちんと生きているのです。
そしてブラックウォッチは軍隊のタータンです。
ブラックウォッチとは、「黒い見張り番」という意味があり、
レジメンタルタータン(連隊用)のチェックのひとつです。
その名前が示すように、全体的に暗い色彩で、青地に緑と黒の配色による格子のものを指します。

 

全隊員が揃いのタータンを着用したのか、
各隊ごとに揃いのタータンがあったのかどうかはわかっていないそうですが
青・黒・緑色のチェック柄を実際に着用していたそうです。

軍全体に占めるブラックウォッチ連隊の割合は
決して多くはなかったにもかかわらず、
彼らの活躍は過剰なほど注目を浴びたとか。
その活躍があって、ブラックウォッチの愛称は、
そのままタータン柄の呼び名になりました。

なんだか英雄の気分ですね!!

 

そんなブラックウォッチ、dpiでは二色ご用意してます!

bwfab

J4805-1/コントラストのある色調
DN5001B-29/少し柄の大き目な落ち着いた色合い

J4805-1の製品見本はこちら!!
bw

折角ならメタル釦で定番を突き進みましょう!
合わせ方次第で春先にも着られるようなジャケットになりますよ^^*

upemb

エンブレムを付けることも可能です!!
ぐっとオーダーの幅が広がりますのでオンリーワンのジャケットをお仕立てできます!

ennb

 

今回のブログはいかがでしたか?
薀蓄の多い回となりました!
楽しんでいただけましたか??

ブラックウォッチは通常お仕立てジャケット¥42,000(+税)
エンブレムはプラス¥8,000(+税)でご用意してます!

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから
スーツは約2週間、コートは約3週間でお渡しが可能です。

是非お試しください!
皆様のご来店をお待ちしております!!

This entry was posted in 神田南店ブログ and tagged , , . Bookmark the permalink.

丈夫な光沢素材

皆様こんにちは!
日に日に冬の足音が聞こえてきましたがいかがお過ごしですか。
私事ではありますが、近々旅行に行こうと計画中です!!
皆様のおすすめの旅行先などあれば是非教えてくださいね!

本日はdpi神田南店より、丈夫でドレッシーな生地のご紹介です。

 

”光沢”加工生地

brightshugo

 

ウールとポリエステルの混紡生地に光沢の加工を施したシリーズです!

パッと見ると控えめですが、光の下では上品な光沢感が表れる生地です。

順番にご紹介してきましょう!

 

まずは幾何学柄!

s61s62

 

s61/ブラック・無地調
s62/ネイビー・無地調

 

シリーズの中では最も光沢感のあるシャドウストライプ!

s63s64

 

s63/ダークネイビー・シャドウストライプ
s64/ネイビー・シャドウストライプ

 

ミドルなストライプ

s65s66

 

s65/ブラッック×ネイビーストライプ
s66/ネイビー×ブルーストライプ

 

いかがですか?

ベーシックながらもお仕立て上がりはこのように上品に!

brightmihon

 

今回はどのシリーズもビジネスライクのご用意でした。

ご友人や会社関係の結婚式に呼ばれた時、折角なら・・・・・・と新調したスーツ

そのあとビジネスシーンでもお使いいただけたらタンスのこやしにはならないですよね?

ネクタイやシャツでいろいろ遊べる一着になりますよ。

是非一度お試しください!!

 

dpiなら光沢の生地での通常お仕立て¥39,000(+税)
スペアパンツやベストは+¥10,000(+税)でご用意できます!

他にも、店頭にはたくさんの生地をご用意しております。

画像ではなかなか生地の良さをすべてお伝えするのは難しいので

是非一度、dpi店舗にお立ち寄りください。

 

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから
スーツは約2週間でお渡しが可能です。

ウールの地だけでなくう、混紡の生地でのスーツもしっかり準備しちゃいましょう!
皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

This entry was posted in 神田南店ブログ and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

伝統と歴史ある英国生地”Taylor&Lodge”

皆様こんにちは!
過ごしやすい陽気になってきたと思ったら今度は乾燥が気になる時期になってきてしまいました。
なかなか快適に過ごすのは難しいですね^^;

本日は神田南店より極上の英国生地のご案内です。

 

”Taylor&Lodge”

一般的に、しっかりと織られていて、耐久性があり丈夫なためシワになりにくい英国生地。
色柄としてもクラシックなものが多く、肌触りはイタリア生地に比べると若干の硬さがあり、重厚感のあるような印象を与えます。

なかでもTaylor&Lodgeは1883年創業の歴史ある名門ミルの1つです。
伝統だけでなく、原料の品質の良さやフィニッシュ技術の高さでも世界的に有名です。
現在は高速織機を揃えた工場に生まれ変わりましたが、敢えて織り上げるスピードを7割程度にまで抑え生産効率よりも服地のクオリティにこだわり続けています。
また生地の仕上げにはかなりのこだわりをもっており、効率が悪く、時間がかかったとしても、仕上がりの違いは一目瞭然です。生地には艶があり、それがTaylor & Lodge 独特の魅力になっています。

Taylor&Lodgeで織り上げた生地だけが唯一の品質保証として、
ハダースフィールドの「ラムズ・ゴールデン・ベール」と名乗ることができます。

すこし力が入って長くなってしまいました。
それでは今季入荷のゴールデンベールを見ていきましょう!

 

s221s222

s221/ネイビー×ブラックストライプ
s222/チャコール×グレーストライプ

英国調の幅広チョークストライプです。

 

s223s224

s223/ブラックシャドウ
s224/ネイビーシャドウ

先ほどのストライプよりは幅が狭くなったものの上品な光沢感で美しく柄が表れます。

 

 

 

s225s226

s225/ブラックシャドウチェック
s226/ネイビーシャドウチェック

流行のシャドウチェックです。
スーツはもちろん、ベストにしても使いやすい色柄かと思います!

 

いかがでしたか?
今回は英国製ならではのダークトーンのラインナップでしたので、
画像よりも是非、実物を見て、触っていただきたいです。
きっと良さが伝わるかと思います!!

上質なゴールデンベールもdpiなら
上下の通常お仕立て¥79,000(+税)でお仕立てが可能です。
もちろんスペアパンツ、ベストはプラス¥10,000(+税)とお得にお仕立てできちゃいます!

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから約2週間でお渡しが可能です。
お得にワードローブを増やしませんか?
皆様のご来店、お待ちしております!

This entry was posted in 神田南店ブログ and tagged , , , . Bookmark the permalink.