とっておきのタッターソール!

皆様こんにちは!

11月も残りわずかとなりました。
お鍋の美味しい季節になりましたね!
私はもつ鍋が大好きなのですが、皆さんの好きなお鍋はなんですか?

 

本日はdpi限定、特別なタッターソール柄の生地のご紹介です!

”タッターソール”

ts2

 

シャツでもおなじみのこの柄!
タッターソールとは、ロンドンの有名な馬市場でのことで、
それを創設したリチャード・タッターソール氏の名にちなんだものです。
リチャード・タッターソールは18世紀のイギリスで馬の目利きだった人物で、
英国初の公設馬市場を創設したといわれています。

馬にはホース・ブランケットと呼ばれる馬用の毛布があります。
リチャード・タッターソールは馬市場の経営者でしたが自身が馬を売ることもあり、
その馬の背には、タッターソール家のホース・ブランケットが掛けられていました。
この馬用毛布が二重格子。タッターソール家と、馬の関係者の印でもありました。これが、今のタッターソール柄の始まりで、その由来から乗馬格子ともいわれます。

1895年頃。馬市場に出入りする関係者が、その生地でベストを仕立てたのが始まりです。
それはシングル六つボタンの襟なし型。前身頃に、四つのフラップ・ポケットが付いたデザインであったといわれています。
それが時代とともに一般化していきます。現在、タッターソールは世界で広く愛される古典柄となっていますが、そもそもはタッターソール家の馬用毛布、そしてそれを用いたベストの柄であったのです。

 

dpiではスタンダードな2色展開です。

 

1つめ

J4811-1

J4811-1/チャコール×ライトグレー

 

2つめ

J4811-2

J4811-2/レッド×ネイビー

 

どちらも定番。
間違いないクラシックな色柄です!

dpiならタッターソールの起源と同じデザインでお仕立てする事も可能です!
ベスト単品なら通常お仕立て¥21,000(+税)でご用意!

そしてさらに、通常ならベストのみのお仕立てですが
今回はメーカー様にお願いをして打ち込みをよくしてもらい

なんと、

ジャケットとスラックスのお仕立ても可能になりました!!
ジャケットは¥45,000(+税)
スラックスは¥21,000(+税)でご用意可能です!

アメトラ&ブリティッシュファンの皆様、この機会をぜひお見逃しなく!

 

dpiではご注文から約2週間でお渡しが可能です。
自慢の丈夫なタッターソール、是非見にいらして下さいね!

皆様のご来店、お待ちしております!

 

This entry was posted in 神田南店ブログ and tagged , , , . Bookmark the permalink.