30sスタイルスーツいかがですか

皆様、今晩は神田南のdaizoです。本日は春夏機能性素材、撥水加工ストレッチの紹介。コレクションは10色展開となり生地目付240 優れた撥水、撥油効果により雨やコーヒ油などの汚れから衣服を守ります。更に通気性も損なわないのでむれることなく、風合いも維持します。まさに三拍子そろった機能製服地とはこのことです。 ※ 但し雨の日専用のスーツではありませんのでご注意の事。今回はこの服地を使って30sスタイルのスーツ見本服を作ってみました。

035

039

038

30sスーツによく見られるピーク衿剣先は上にはねず横にねる平行な感じ、クラッシック感が出ています。衿幅は今回10㎝で作ってみました。最大で11㎝まで作れます。ちなみに私は11㎝です。チョークストライプもいいけどグレンチェック柄はひんがあっていい感じ、ウィンドペンが清潔感&涼しげな感じを演出(^<^)ここで大事なのは上着の釦、通常は黒色もしくはグレーの濃い感じのものが付きますがここはお洒落に水牛釦をチョイス。しかもこの水牛釦はべっ甲モドキで新しいタイプのものです。まともなこげ茶のものでは少しばかし重い感じになってしまいます、これでは残念です。春夏を意識して釦と裏地は注意して選びましょう(*_*)

 

041

043

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上着のデザインは3釦中1ッ掛け中段返り、腰ポケットは通常の並み、袖釦は4ケの本開き仕様、背中は最近ではあまり見かけない割れなしのノーベント、シルエットがキレイに見えるのが特徴です。上着の中は基本、夏場でも総裏仕様がお勧めです。夏場は汗で生地を傷めます直接汗が付かないよう注意しましょう。※ 但し通気性の悪い物ではいけません、天然素材のキュプラ100%、キュプラ昆、ポリエステルの場合は清涼感のある裏地を付けましょう。詳しいことはdaizoまでお問い合わせください。

037

048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラウザースは基本2タックの内ヒダ(インタック)腰ポケットはタテ型、スソはダブル4.5㎝~5.5㎝がおすすめです。スソ口巾は25㎝~26㎝位がシルエットもすっきりしていていい感じです。ベルトはしませんサスペンダー釦仕様がお約束のスタイルになります。帯後ろにはセンタースリットが入ります。オプションになりますがこれがあると動きがまた楽々(^o^) 一度お試しあれ。

046

003                                                                                    早速生地にお茶をこぼしてしまいました。ご覧のとうり撥水生地で助かりました。                            

dpiなら2約週間でスーツが完成します。詳しいことはお店のスタッフまでご相談ください。

 

 

 

 

 

This entry was posted in 神田南店ブログ and tagged . Bookmark the permalink.