基本のスタンダード裏地!!

皆様こんにちは!早いものでもう2018年の1/4が過ぎようとしています!
徐々に春めいた気持ちのいい季節になってきました!

本日は以前から紹介しておりますボタンと同タイミングでリニューアルした裏地のご紹介です!!

 

”スタンダード裏地”

urastan

 

全てのお客様がお選びいただけるスタンダード裏地です!!

左と右に分けてご紹介していきます!!

 

まずはブックの左側!

stanleft

 

 

dpiをご愛顧頂いている方には馴染みの裏地をお見かけするかと思います!

こちら側は根強い人気でリニューアル後も継続となった人気裏地です!

《無地》
 ウーリーツイルでしなやかなサラリとした感触。ゴワゴワ感を感じさせない適度な美しいドレープ性を演出。

《小紋柄》
 柄をきれいに表現させるため、発色の良いカチオン糸を使用。5019ネイビーは同色の織りですので光の加減で柄が浮かび上がってきます。

《ヘリンボン》
 ドビー織りのヘリンボン柄です。日本では連続した山形の模様が、杉の枝ぶりに見えることから杉綾織りとも呼ばれています。

 

ブックの右には定番裏地のほかに新裏地も登場です!

stanright

 

《市松柄》
 日本古来の伝統柄である市松。馴染み深く迷った際には市松柄を是非!

《清涼裏地》
 5035・5036・5040は機能裏地です!異形糸を使用した吸汗・速乾に優れた快適な清涼裏地です。

《ストライプ》
 カチオン糸使用したストライプ裏地です。黒ベースに赤ラインとシルバーラインが強調された二種類です。

《点接触冷間》
 5099・5102・5104は肌にあたる面に凹凸をつけ、従来の裏地と比べて接触面積を少なくしています。
 また、吸水速乾糸の採用で素早く汗を吸い取り乾かします。織り方と糸の相乗効果で夏場の不快感を軽減します。

《ギンガムチェック》
 カチオン糸を使用したチェック柄裏地。従来の裏地ではここまでカジュアルな柄は無かったかと思います。
 ジャケットに最適な裏地です。

 

いかがでしたか?
改めてリニューアルしたスタンダード裏地を知っていただけたかと思います!
実物は是非、店頭でチェックして下さいね^^*

表地とのバランスに迷った時はスタッフ一同、裏地選びをお手伝いさせていただきます!
御使用の用途やお好みなどお客様のことをいろいろ教えてください^^*
dpiではオーダーいただいてからからお渡しまで、なんと2週間の単納期が実現!
他ショップで断られてしまったお急ぎのお客様も、是非一度ご相談ください!

それでは、3月も皆様のご来店お待ちしております!!

 

This entry was posted in 神田南店ブログ and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.