Ohhh!Blaze!!

皆様こんにちは。楽天ショップの千葉です。

ゴールデンウィークも終わり世間ではクールビズが始まってきたかな!?と

ノーネクタイの方がグッと増えてきたと通勤時にも感じております。

そんな時にスーツ姿でノーネクタイはちょっとしゃれっ気が・・・・。

もっとクールビズもオシャレに過ごして頂きたくdpiお薦めが「ブレザー」です。

紺ブレやジャケパンスタイルでもう定番中の定番ですよね。

メンズブレザー<オーダージャケット/ブレザー>

 

ブレザーの語源としては、英国のケンブリッジ大学と オックスフォード 大学のレガッタ競技のとき、

ケンブリッジの選手が全員でお揃いの真っ赤なスポーツ ・ジャケットを着用していたのを

見た観客が「炎(BLAZE)のようだ!」 と叫んだことから、このジャケットを

ブレザー(BLAZER)と 呼ぶようになったという説、大英帝国の軍艦ブレザー号の乗組員に

紺のサージで作ったジャケットを着せたことから名付けられたという説もある。

 

ビジネスにもカジュアルにも対応できる万能選手がブレザーなんです。

・・・ということは、1着あると便利なアイテム。 ・・・ということは、最低1着は持ちたい必須アイテム!。

dpiでは【シーズン別】【服地の種類別】【デザイン別】にご提案します。
あなたのブレザーがきっと見つかります!!

楽天ショップdpiのブレザー特集はコチラからどうぞ! →→http://item.rakuten.co.jp/dpi/c/0000000135/

 

This entry was posted in スタッフブログ. Bookmark the permalink.

シワに強く!dpiのストレッチ服地

皆様こんにちは。楽天ショップの千葉です。

朝晩はまだ少し肌寒さを感じますが、日中の気温は20℃を超えてきてますよね。

もうそろそろ皆様も衣替えの準備に入っているのではないでしょうか。

そこで!この夏dpiお薦めの生地が「ストレッチ」です。最近ではもう定番の生地ですよね。

 

 

スラックス単品からでもご注文頂けますのでクールビズのジャケスラスタイルにも相性バッチリです。

スラックス単品時には少しカジュアル目のすっきりシルエットでご注文頂いても宜しいかと思います。

 

STANDARD SLIM

ストレッチ服地はスーツ価格39000円(税抜き)・スラックス単品は15000円(税抜き)から

ご注文頂けます。ぜひ今年の夏をストレッチ服地で快適にお過ごし下さいませ。

This entry was posted in スタッフブログ. Bookmark the permalink.

2年越しの恋人

お久しぶりです。
WEBチームの蓮見です。

ただいま社内では、スーツファクトリーdpiの他に「bref/ブレフ」という
若い人向けのブランドのWEB系の仕事にも関わっております。

54歳の私は、間違っても前面に出ることはございませんが、
これまで培ってきましたWEBの仕事を生かすべく縁の下で頑張って
おる次第です。

そんな折、シーズンの入れ替えということで新たに入荷してきた
服地のサンプルを眺めながら、春夏シーズンの紺ブレザーを1着
新調したくなり、ネイビー系の生地を物色しておりましたところ
尾州は葛利毛織さんのシャトル織機で織り上げた「ドミンクス」という
ブランドの服地に目が留まりました。

▼一見、普通のネイビー無地に見えます。
75184045

▼拡大した画像です。目の粗さがおわかりかと思います。
dominxnavy

強撚糸をざっくりと織っておりますので、シワになりにくく
また、通気性にも優れ、まさに夏ジャケットに最適な素材です。
実は、このドミンクスは例年取り扱っていたのですがつい作る
タイミングを失ってしまって・・・。

そうこうしているうちに完売・・・(T_T)/

それだけ人気があり、例年早い時期で完売になってしまいま
すので早めにご紹介させていただきました。

▼楽天のページでご紹介している全4色のカラーです。
fabricpage

※出来上がりましたら製品画像をブログでご紹介させていただ
こうと思います。
私にしては珍しくブリティッシュモデルで作りました。
乞うご期待!!

This entry was posted in スタッフブログ and tagged . Bookmark the permalink.

生地のブランドタグがあるかないかで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ春は遠い今日このごろですが。
春のスーツを考えるにはいい時期です。

まだまだ生地がたっぷりあるうちにオーダーする。
出来上がったスーツを何度か着ているうちに、暑い季節がやってくる。
上着を着ないで、スラックスだけ穿いて通勤する回数が増えてくる。

スラックスの傷みが気になる。
スペアスラックスが欲しくなる。
生地の在庫が無い・・・。

よくあることなんです。

たっぷりと生地の在庫があるこの時期だからこそ、いろいろとゆっくり
考えることができる。
スペアスラックスや、ベストなど、要らないと思われるアイテムも、やはり
用意しておくと後々便利。

さて、今日はブランド服地でオーダー。
やっぱり見返しを返したときにブランドのタグがあるのと無いのとでは
箔が違う。

気分が違う。

まぁ、男のちょいとした見栄ですが。

brtag_jhon-foster4

brtag_canonico2

 

蛇足ですが、スーツファクトリーdpiではジョンフォスター、カノニコの
服地でも、スペアスラックス、ベストを各10,000円(税別)の割増で
承ります!
他店には無いでしょ?

This entry was posted in スタッフブログ and tagged . Bookmark the permalink.

良い感じの使い易さ

みなさまこんにちは。私の周りでもインフルやらノロやらと聞こえてきていますが

いかがお過ごしでしょうか。私も年末に風邪をひいてしまいましたが

インフルは回避しております。しかし!!

まだまだこれからが冬本番!

ではございますがdpiでは春夏物生地の受注が始まっております。

さすがにまだ春物はちょっと早いんじゃ・・・・。

そんな時に非常に便利な生地のご用意がございます!

10 MONTH 服地 オーダースーツ

いわゆる「スリーシーズン物」と言ったところでしょうか。

色柄はベーシックでコーディネートし易い生地をご用意しておりますので

dpiの「ベーシック&トラッド」なモデルとの相性もぴったりです。

 10 MONTH SUIT の生地はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓

http://item.rakuten.co.jp/dpi/c/0000000672/

もちろんまだまだ秋冬物の生地のご用意もございます。

出来上がりまで2週間程度ですのでこれからでも活躍出来ますね。

皆様のご来店スタッフ一同お待ちしております。

This entry was posted in スタッフブログ and tagged . Bookmark the permalink.

ジャケット、コート対応の超・スゴ生地

いや~寒くなってきました。
本日、東京地方は朝から雨が降り出して冬のような寒さ。
その、寒さのせいなのか?
会社近くで道路工事をしていたおじさん(監督?)が、若い部下(?)を
大声で怒鳴り散らす声が。

私も入社したころは、いわゆる「気合と根性」論がまかり通っていた時代
でしたので、やかましくもあり、懐かしくもあり。

今、社内で上司が部下に怒鳴り散らせば、すぐに「パワハラ~!」という
声が上がることでしょう。
気をつけねば・・・。

しかし、そんな前出の現場監督のような骨太の生地を発見しました。

まずは画像だけでもお見せいたします。

j9501-1_1j9501-1_2

 

 

 

 

 

 

 

 
実は、この2枚の写真。
別々の生地ではないのです。
両面印刷・・・ならぬ、両面表生地
リバーシブルというヤツです。

さらに、もう1種類
j9501-2_1j9501-2_2

 

 

 

 

 

 

 

 
特に、右下の色柄はなんかどこかで見たような色柄ですね。
ちかごろ、三●商会さんがライセンスを手放したバー●リーのような
配色です。

そしてリバーシブルと言っても、簡単に申し上げますと2枚の生地
を貼り合わせたような素材ですので、厚さもゴッツいのです。

実際に、弊社の工場で見本のコートを製作したのですが、工場か
ら電話が入ってしまいました。

『この生地だと厚すぎてミシンステッチが入らないよっ!!!』

なので、この素材に限っては、AMFステッチのみの対応とさせて
いただきますのでご了承ください。

ここでヒント:毛布でコートを作ることを想像してみてください。

わたくしも1着自分用のコートを製作中ですが、テーラードジャケッ
トの上から着るのではなく、セーターの上から着るためB体3号サイズ
で作っています。(ちなみに私NT-11モデルのAB-5号を着用してい
ます)

出来上がりましたらブログに掲載させていただきます!!

オンラインショップ担当:蓮見

This entry was posted in スタッフブログ and tagged . Bookmark the permalink.

ダブルのブレザーが懐かしい!

いまメンズファッションでは、トラッド回帰だって知ってますか?
と申しましても、バリバリの1960年代~70年代というよりも
トレンドにトラッドを融合させた素材やスタイルのお話です。

スーツファクトリーdpiでは、バリバリのトラッドをベースに、当店でも
扱っております、イタリアンやブリティッシュにトラッドの味付けをした
ご提案もさせていただいております。

が!
その前にバリバリのトラッドを少し知っていただきたく、ブログを執筆
し続けるのであります。

とは申せ、
最近ブログの更新を怠ってるね!と一部のお得意様からご指摘を
いただく始末。
おかげさまで商売のほうも忙しさを極め、平均年齢が高いスタッフ
が苦手なパソコン仕事は目が回るほど・・・らしいのですが。

ならば、ベテランのショップスタッフに取材をして若手が代筆をする
というやり方も「あり」かな?と思います。

いつもながら前置きが長いのですが、今日は1970年代を彷彿させる
ダブルの紺ブレをご紹介。
ご存知のとおりダブルブレストには、4ボタンと6ボタンがあります。
希に8ボタンというのもありますが、主流は4ボタン、6ボタンです。

下の写真は4ボタンの1ツ掛けタイプ。
衿の返りが長いので「ロングターン」と呼ばれるものです。
ダブルのジャケットにしてはVゾーンも少し広めなのが特徴。

ダブルブレザーアメリカンブリティッシュモデル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンブリティッシュモデルで仕上げてみました。
形はクラシックなれど、最近の傾向のように1サイズ小さめに作ると
今風のジャケットのようにシックリとくると思います。

着丈も本来はシングルの上着より1cmほど長めにするのが、過去
のセオリーでしたが、やはり今風にやや短めに。

余談ですが、ジャケットの着丈はスラックスの股下より短くするのが
ポイントです。
とは言っても一般の方には難しいかも知れませんので、ショップに
ご来店されたときにスタッフにご相談ください。

ダブルブレザー 29,160円(税込み)より

This entry was posted in スタッフブログ and tagged . Bookmark the permalink.

ソフト~な、フランネル

いよいよわがdpiオンラインショップチームのオフィス(実は事務所)も
暖房を入れ始めました。

入れ始めたのはいいのですが、乾燥でノドを痛める者も増加中。
しばらくは衣類で暖をとろう!と皆で話し合い(こんな話し合いするほどヒマ・・・では
ないのですが)

ようやくフランネルスーツ大活躍の季節到来!
そして、そのフランネルのバリエーションのひとつとして、今日は「ソフトフランネル」を
ご紹介しましょう!!!

まずは服地の色柄からご覧下さい。

fabricpage-softflannel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーソドックスな色柄を集めました。

ここで一言。
スーツスタイルをカッコよくキメるコツ。
それは・・・、

“スーツは脇役”です。

そう、体の末端に行くほど気を遣うのがオシャレなのです。
靴、靴下、ポケットチーフ、シャツ、ネクタイと様々なアイテムの組み合わせによって
男らしく、かつエレガント、かつ、セクシーなスーツスタイルがキまります。

なので一番面積の大きいスーツは抑え気味にし、他のアイテムにキラリと光るものを
もってくるのが理想です。
ですから、スーツは地味~にしましょう。

さて??? あれっ? どこかで見たような人だ・・・。
なんだか懐かしいような。
ソフトフランネルのようなソフトな人柄の人物です。

nt11-20161102

This entry was posted in スタッフブログ and tagged . Bookmark the permalink.

家庭で紡ぐ安心の1着を・・・。

ハロウィンも終わり、街中のディスプレーが一夜にして一足早く
クリスマスムードになり迎えた11月。
そんな11月のスタートに新に加わった生地をご紹介。

“ホームスパン”
ホームスパンとは…”家庭(ホーム)”で”紡いだ(スパン)”の意と
いうのは広く知られているところです。
ざっくりとしたハンドメイド(手織り)の感覚を大切にした毛織物
で、ハリスツイードを代表とするツイードの1種です。

太い紡毛糸を用いて、手織りされるため、素朴で野性味のある
風合いの生地となるのが特徴で、糸の太さにムラがあるところか
ら、ネップ(節)の染め上がりに色の差が出るのがアクセントとな
っております。

ホームスパンといえば、アイルランドのドニゴール地方の農家で
手織りされるドニゴール・ツイード。ホームスパンが、「厳密な意
味においては、手織りスコッチをさす」といわれるように、ドニゴー
ル・ツイードは、アイリッシュ・ツイードの代名詞的な紡毛織物です。

日本では明治時代に英国のスコットランドから岩手に伝わり現在
でも生産されており、国内シェアの8割を占めています。

dpiでは全4色でのラインナップ。

↓ ↓ ↓ ↓

j9514-1-2

J9514 1 (ブラック系)

j9514-2-2

J9514 2 (オフ系)

j9514-3-2

J9514 3(ブラウン系)

j9514-4-2

J9514 4 (グリーン系)

主にジャケットやコートの素材として用いられておりますが、ウォーム
ビズ傾向の近年では、ホームスパンで仕立てるスーツ、スリーピース
スーツというのも秋冬には人気があります。

まだお持ちでない方、ぜひお試しください。
意外とコーディネイトの幅は広くて重宝します。

This entry was posted in スタッフブログ and tagged . Bookmark the permalink.

フランネルの季節と思いきや?

街のあちこちで見かけるオレンジ色のカボチャが寒い夜に暖かみを与えてくれます。

とは申せ、昨日は初夏のような気温。
ベスト着用で通勤したものの、日中は脱ぐハメになりました。
南半球で初めて体験した半そで・短パンで迎えるクリスマスのような気分です。

それでも、業界人の宿命。
この気候でもフランネルのスーツを着て出勤。
電車の中には、いまだ夏物のスーツを着ているビジネスマンも見かけます。

汗を拭き拭きラッシュにもまれ、フランネルのスーツに毛玉が出来ないか心配する。
変なシワが出来ていないか心配になる。
娘に変な虫が付かないか心配する父親の気分・・・。

それでもフランネルのスーツが好きなんです!

▼御幸毛織インタナ フランネルNT-11モデル
オーダースーツ 59,000円(税別)
ベスト付きスーツ 69,000円(税別)
スペアパンツ +10,000円(税別)

dpi_019-5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたくし(蓮見)は、チャコールグレーのスペアパンツ付きスーツを1着。
今年で3シーズン目。少しづつ風合いに変化が出てきてますが、私の体にも
馴染んできており、今では愛する1着となっております。

嫁に行って欲しいような、欲しくないような・・・。

This entry was posted in スタッフブログ and tagged . Bookmark the permalink.