dpi Magazine

dpi Magazine

スレッドとは縒り糸を構成している一本の糸のことです。最近では、ウェブ上の掲示板にテーマを儲けることを「スレッドを立てる」などと使われたりしておりますが、ここではスーツやその周辺の話題を一本の糸に見立てて毎回ご紹介させていただきます。一本、一本の糸が織りなされて、皆様の素敵なスタイルに少しでもお役に立つことを願いまして。

dpi Magazine


スーツをお仕立てになるとき、いちばん気にされるのは何でしょうか。そのフォルムでしょうか。もちろん全体の印象を決定付けるのはフォルムではございます。ですが、服地選びこそ、メイド トゥ メジャーの醍醐味であり、肝でございます。そこで「スーツの糸。」の第一回目は、この服地について、しかも多くの方が気になるSuper’s表示ついてご紹介させていただきたいと思います。

Super’sとは?

Super’s表示は、IWTO(国際羊毛機構)が定義している羊毛の原毛の太さの国際基準となります。ですから羊毛以外の、たとえばカシミアやアンゴラなどの獣毛にSuper’s表示を使うということは断じてございません。よく服地のセルビッジ(ミミ)に表示されておりますが、スーパーというくらいですから、その服地に使用されて羊毛が極めて細いことを意味いたします。Super100’sの場合、その細さはなんと18.5ミクロン。これがさらに0.5ミクロン細くなるたびに、Super110’s、Super120’sと数字が10づつ増えてまいります。したがいましてSuper120’sは17.5ミクロンの羊毛ということになります。こうした極細の羊毛は主にオーストラリアやニュージーランドのメリノ種のものでございます。1ヤード(約90 ㎝)が8オンス(約230g)と軽く、水に浸すとその三分の一の重さまでの水分を吸収するといわれております。つまり汗を吸収しやすいということでございます。Super’s表示の服地が別格であることをご理解いただけるのではないでしょうか。

Super100’sを着る。

Super’s表示の服地は、その数字が増えるほど、つまり細くなるほど、薄く軽くしなやかで、価格も含めて大変高級感漂うスーツに仕立て上がります。ですが、そうそう上手い話ばかりではございません。糸が細くなり生地が薄くなるほど、しわになりやすく、耐久性にも?が付くことになります。ビジネスマンがオンビジネスで着られるのでしたら、せいぜいSuper120’sまでではないでしょうか。それ以上のたとえばSuper150’sなどまでいきますと、実用的とは言えないかもしれません(もちろん、お仕事の内容にもよりますが)。Super100’sの生地で仕立てたスーツは湿度をコントロールし、快適さを保つ、着心地のとても良いものでございます。もちろん、服地の品質、着心地の良さは羊毛の細さだけで決まるものではございません。ですが大きな目安の一つとなることでしょう。「今着ているスーツの生地、Super100’sなんだ」と、自信をもってビジネスシーンに臨んでいただくことができるのではないでしょうか。

至福の服地。

スーツファクトリーdpiにおきましても、スーパー100's~120'sの100%ナチュラルファブリックで、スーツをお仕立てしております。どうぞ、未だその艶、なめらかでとろけるような肌触りを未体験の方は、ぜひスーツファクトリーdpiの店舗にお越しいただき、バンチブック(服地見本帳)をご覧になり、実際に手に触れていただきたいと思います。きっと至福の服地に身を包まれたくなることでしょう。