”SCABAL”復刻のマジェスティック

皆様こんにちは!
東京はぐっと寒くなり今朝は慌ててコートとストールを出しました。
皆様も冬の準備はお早目に!!

本日は定番のイギリス製 生地ブランドのご紹介です!

『スキャバル-マジェスティック-』
scabalshugo

マジェスティックのシリーズはスキャバルブランド生誕を記念して作られました。

長い歴史においてヒットした色柄を現在の高級服地の品質で復刻したパターンで、

いわば「すべてが一番人気」といったところです!

 

復刻なので今回はすべての柄1種類ずつのご用意です!

s239S239/グレーネイビー

 

s240S240/ネイビーシャドウストライプ

 

s241S241/ブルー  ピンストライプ

 

s242S242/グレーブラウンストライプ

 

s244S244/グレーネイビーストライプ

 

以上5色のご用意です!

イギリス製の堅実な生地感に、滑らかな光沢感!

インポートならではのお洒落な色柄をお試しください^^*

dpiならスキャバルでの通常お仕立て ¥109,000(+税)でご用意しております。

 

他にも、店頭にはたくさんの生地をご用意しております。

画像ではなかなか生地の良さをすべてお伝えするのは難しいので
是非一度、dpi店舗にお立ち寄りください。

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから約2週間でお渡しが可能です。

皆様のご来店、お待ちしております!

今年は”ブークレー地のコートで決まり”

皆様こんにちは!

東京では今日からぐっと気温が下がりました。
そろそろ手持ちのスーツを秋冬物に切り替えようかなんて方も多いはず!

10/6のトレーニョの生地紹介でご案内した今季オススメ素材を今回も掘り下げていきます!!

※10/6のブログはコチラからご覧いただけます!

 

”ブークレー”

フランス語で輪を意味する”ブークレー”

名前のとおり、リングヤーンを使用し生地に膨らみを持たせて織布しています。

通常の紡績糸ではだせない生地の厚みと素材の良いムラ感がアクセントとなりノスタルジーな生地となります。

近年トレンドのこの素材はラルディーニやタリアトーレなどでもジャケット素材で多数仕様されています。

数年前よりレディースではしばしばトレンドに上がっており、やっとメンズにも波がやって参りました!!

 

今回は8色展開!大ボリュームでご紹介していきます!

 

まずはピンチェック!

j37j38

J37/ブルーグレー
J38/ブラウングレー

 

続いてコートにぴったりの大柄も2種類ご用意!

j33j34

J33/ブラック×ブルーストライプ
J34/ブラウン×ギンガムチェック

 

コートにもジャケットにもピッタリなレディースライクなチェック柄も4色ご用意しました!

j35j36j39j40

J35/ブルーグレー×ブラウン
J36/グレー×ネイビー・ブラウン
J39/ライトグレー×ネイビー
J40/ライトブラウン×ネイビー

 

ブークレー、実は京橋店にはお仕立て上がりの見本があるんです!!

コート1

J35/ブルーグレー×ブラウン ※色は少し変化しています

コート5

J35/ブルーグレー×ブラウン

コート7

J33/ブラック×ブルーストライプ     ※ぜひ実物を見に来てください!

コート8

リングヤーンの風合いが面白いですよね!

自然と着る人を柔らかい印象にしてくれます。

 

冬が待ち遠しくなるようなお洒落な柄ですよね!
秋冬のおしゃれ着にブークレー、加えてみてはいかがでしょうか。

 

ジャケット:通常お仕立て¥35,000(+税)

コート:通常お仕立て¥59,000(+税)

ジャケットならご注文から約2週間!

コートは約3週間とお日にちをいただきますのでお早めに!!

 

少し肌寒い週末はdpi各店で冬の準備をしませんか。
皆様のご来店お待ちしております!

 

 

 

御幸テックス!

皆様こんにちは!

昨日は「体育の日」でした。ハッピーマンデーにより元々の10月10日より変更になりましたが、
元々、体育の日は1964年に行われた東京オリンピックの開幕式が10月10日だった事を記念して国民の祝日に制定されました。
夏のオリンピックにしては10月の開催は遅い方だそうですが、これは秋雨前線を避けて開催するためにこのような時期での開催になったそうです。

2020年の東京オリンピックは7月24日に開会式が決まっているそうですよ!
近い将来、7月24日も祝日に制定される日が来るのでしょうか、、、!

 

さて!本日は神田南店より日本製生地のご紹介です!

 

”御幸テックス”

miyukishugo

super140の原料を使用。

原料と風合いに拘った素材の日本製生地です。豊かな艶と滑らかな質感で極上の素材を表現しています。

 

しっかりとした堅実な一枚です。
本格的な秋冬に向けて一着は持っておきたいところでしょうか。

今季は5種類のご用意です。

 

まずは無地系

s215s216s220

s215/ブルー
s216/ブラウン
s220/ミディアムグレーシャドーストライプ

特質すべきはs216のブラウン!
ブラウンとレッドのミックスで赤やボルドー、イエロー系の小物が多い方は必見の1枚です!!

 

大胆なストライプも2種ご用意!

s217s218

s217/ブルーシャドーストライプ
s218/チャコールグレーシャドーストライプ

光の加減で柄の出方が変わる1枚。
お洒落に着こなして周りと差をつけましょう!
いかがでしたか?

dpiなら日本製の御幸テックスでも
全て通常お仕立¥69,000(+税)でご用意が可能です!

更にdpi各店では+10,000円(+税)でベストを追加できます!

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから約2週間でお渡しが可能です。
是非、日本製の上質な生地をお試しください。

皆様のご来店、お待ちしております!
miyukilogo

”トレーニョ”の”ブークレー”

皆様こんにちは!
東京は雨が降ってぐっと冷え込んできました。

みなさまくれぐれも体調にはお気をつけください。

 

本日はdpiでも新たに展開した素材の生地のご紹介です。

トレーニョ-ブークレー-

torenyologo

今回も定番ではありますが、自社の持つ味を全面に押し出し、

色柄の表現でイタリアらしい素材感をだしたブークレーの生地です。

 

そもそも”ブークレー”って?

フランス語で「輪」を意味する名前の通り、リングヤーンを使用し、
生地に膨らみを持たせて織布した生地のことです。

通常の糸では表現できない素材のかさ高で、
ムラ感がアクセントになりどこかノスタルジーな生地です。

 

今回は2パターン4種類をご紹介!!

j51j52

 

J51/ネイビーブルー
J52/チャコールグレー

 

 

j53j54

J53/ブルー
J54/グレー

なんといってもこの手触り!イタリア製ならではの手に馴染む滑らかさです。
ストレッチ性も抜群です!!

 

実はこの中ですでにブログに登場している生地があるんです!
まだ読んでないよ!と言う方は

続・スーツ太平記(5)をチェック!!!

どの生地かというと・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・

 

そうですこちらJ51!!

center

 

京橋店にはディスプレイ用としてお仕立て上がりのスリーピースがあるんです!!

スーツの形に仕上がっているとまた印象が違いますよね!!

 

近づいてみるとブークレーの風合いもお分かりいただけると思います。

left

 

コーディネートもこのように、無地感覚で自由におしゃれが楽しめますよ!!

 

そして是非店頭にお越しの際は実際に触れてみてください!

right

 

柔らかな風合いとしっかりとした立体感を感じていただけると思います。

dpiならお好みのサイズにあわせて
レギュラーお仕立て 上下¥59,000(+税)でご用意できます!

更にdpi各店では写真のように+10,000円(+税)でベストを追加できちゃいます!
当店で是非賢くお得にお買いものしちゃいましょう!!

他にも、店頭にはたくさんの生地をご用意しております。

画像ではなかなか生地の良さをすべてお伝えするのは難しいので
是非一度、dpi店舗にお立ち寄りください。

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから約2週間でお渡しが可能です。

皆様のご来店、お待ちしております!

 

三ツ星毛糸”カムデンメリノ”

皆様こんにちは!

過ごしやすい日々が続いてますがいかがお過ごしですか。
今週末は三連休です!一週間頑張りましょう!

本日はとっておきのウール生地のご紹介です。

 

”カムデンメリノ”

camdenshugo

1797年、オーストラリアに初めて上陸したスペイン王室の門外不出の『スペインメイリ種』という品種の羊に由来しています。そのうちの8頭を買い取ったJ・マッカーサーが「カムデン牧場」で同種の羊の飼育に成功、一躍オーストラリアを羊毛の国にしました。
以来、この牧場で生産される羊毛は”あこがれのウール”として最上級の名が与えられ、スペイン王室の秘法を今に伝える純血種のスペインメイリノによる羊毛を”カムデンメリノ”と呼んでいます。

繊維は均一でばらつきが無く光沢があり、糸にするには最適な条件を満たした羊毛になります。
そして、その上質な糸を使用し、メイドインジャパン企画でモノづくりすることにより、クオリティの高い生地になっています。

薀蓄はこのくらいにして、dpiに入荷した6種類をご紹介します!

 

まずはこちら!!

s171s172S171/ネイビー
S172/グレー

秋冬に一着は持っておきたいヘリンボーンの織り柄の生地です。
紺とグレーのスーツのいつものコーディネートでもこのスーツならグッと季節感を出せますよ!

 

続いてはこちら!

s173s174S173/ネイビー
S174/グレー

こちらも無地調のご用意です。
ざっくりとした織り地でスーツとしてではなくジャケット単品、スラックス単品でも合わせやすいと思います!
勿論ベストも!「オッドベスト」そしてお手持ちのスーツに差し込むのはいかがですか??

 

最後は一味捻ったこちら!
s175s176S175/ネイビー
S176/ブラウン

なかなかお目に掛かれないラメ糸を使用したストライプ地です。
秋のパーティーシーンにぴったりです。

 

いかがでしたか?

是非高品質ウールの着心地をお試しください!

dpiならお好みのサイズにあわせて
レギュラーお仕立て 上下¥59,000(+税)でご用意できます!

更にdpi各店では+10,000円(+税)でベストを追加!
流行のスリーピースも手軽に挑戦できちゃいます!
当店で是非賢くお得にお買いものしちゃいましょう!!

他にも、店頭にはたくさんの生地をご用意しております。

画像ではなかなか生地の良さをすべてお伝えするのは難しいので
是非一度、dpi店舗にお立ち寄りください。

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから約2週間でお渡しが可能です。

皆様のご来店、お待ちしております!

 

見た目よしコスパよし着心地よし”カノニコ”

みなさまこんにちは!

暑さも和らいで過ごしやすいですね。週末からグッと冷え込むらしいので皆様お気をつけください。

秋晴れの東京、本日は京橋店より定番のイタリア服地のご紹介です。

 

”CANONICO”-カノニコ-

kanonicoshugo

dpiのブログをチェックして頂いている方には釈迦に説法かもしれませんが、本日はイタリア生地ブランドの定番中の定番「カノニコ」です。

オーストラリアにある自社もちの牧場からはじまり、紡績・製織。仕上げまですべて一貫生産をするイタリアでも屈指の規模を誇るメーカーです。

 

定番の無地

s185s186

 

s185/ネイビー
s186/グレー

 

続いては秋冬らしい梳毛のシリーズ

s187s188

 

s187/ブルーヘリンボーン
s189/グレーヘリンボーン

季節感のあるミルドな生地です。
無地なので無理なくトレンド感を出せちゃいます。
鮮やかなブルーもイタリア服地ならではの発色ですよね。

 

梳毛系はストライプもご用意

s189s190

s189/グレー×ブルーストライプ
s190/ブルー×ブラウンストライプ

ざっくりとした風合いがこなれ感を演出します。

 

今季dpiは6種類のご用意です!

お仕立て上がりの光沢感・軽さ・しなやかさ是非実際に袖を通して実感してみてください。
カノニコ地のスーツ、既製で見かけてもサイズが……なんて思ったことはありませんか?dpiなら自分のお好みのサイズにあわせて
レギュラーお仕立て 上下¥59,000(+税)でご用意できます!

更にdpi各店では+10,000円(+税)でベストを追加!
流行のスリーピースも手軽に挑戦できちゃいます!
当店で是非賢くお得にお買いものしちゃいましょう!!

他にも、店頭にはたくさんの生地をご用意しております。

画像ではなかなか生地の良さをすべてお伝えするのは難しいので
是非一度、dpi店舗にお立ち寄りください。

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから約2週間でお渡しが可能です。

皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

続・スーツ太平記 (5)

サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めた。非常にうれしい。これまでの代表チームとの違いは、最後まで変化し続けるチームで、メンバーは固定されず、本番でも期待が持てそうな気がする。

柔道も卓球もバドミントン、水泳、陸上、野球、テニス、すべてのスポーツでワールドレベルの日本である。

我が国は、元を誤らずふるまうだけである。

さて、独断と偏見の歴史ミステリー関脇小結クラスですが、筆頭は、海渡英祐氏の「ベルリン1888年」(講談社文庫)で、若き森鴎外が、留学中のドイツで密室殺人事件のナゾを解いてゆく。事件の背後に鉄血宰相ビスマルクの影が。・・・次に紹介するは、中津文彦氏の「黄金流砂」(講談社文庫)、源義経は平泉で討たれてはいない。密かに北に向かって脱出していた。・・・・次は、日下圭介氏の「黄金機関車を狙え」(新潮文庫)、昭和5年正月、経済恐慌のさなか、金解禁に向けて、大阪から東京へ金貨の移送が決定され、それを強奪しようとするグループと受けて立つ鉄道省警護陣のたたかい。・・・・次は、丹羽昌一氏の「天皇の密使」(講談社文庫)、1941年メキシコ革命のさなか、一人の外務省職員が、ある密命をおびて、革命軍に潜入、ドジが多いが八面六臂の大活躍、日本人移民の動向もからんだ玄人受けする歴史ミステリー。・・・・つぎは、池宮彰一郎氏「事変―リットン報告書を奪取セヨ」(新潮文庫)関東軍の暴発を止めるべく、時の元老西園寺公望は、元満鉄副総裁松岡洋右を通じてある集団を満州に解き放つ。・・・・つぎに西木正明氏の「密偵二葉亭四迷」(講談社文庫)明治の文豪、二葉亭四迷は、日本陸軍の指令を受けたスパイだったのか。ポーランド独立運動との関わりも交えて隠された真実を明らかにしてゆく。・・・・つぎには、明治の文豪、山田美妙を祖父にもつ加納一郎氏の「ホック氏の異郷の冒険」(双葉文庫)陸奥宗光の極秘文書が鹿鳴館の一室から消えた。さあ、英国人ホック氏が、この事件のナゾを解いてゆく。・・・・速いペースですいません、次にいきます。最後に松村喜雄氏の「謀殺のメッセージ」(廣済堂)、悪名高い関東軍参謀辻政信が戦後、国会議員となってラオス内戦のカンボジアで消息を絶つ。各国の国益が絡み合う真相は何処にありや。

番外編として、冒険的要素が強い歴史ミステリーのジャンルで、景山民夫氏の「虎口からの脱出」(講談社文庫)、張作霖暗殺の目撃者の少女を追って関東軍、国民党軍、奉天軍が、三つ巴になり上海まで1600キロの脱出行は、スリル満点のカーチェイス、車好きにも絶対おすすめの作品。それから次は佐々木譲氏の「ベルリン飛行指令」「エトロフ発緊急電」「ストックホルムの密使」(すべて新潮文庫)の第二次大戦秘話三部作、祖国とは何かを問う長編冒険歴史ミステリー。次に紹介するのはちょっと異色で胡桃沢耕史氏の「天山を超えて」(双葉文庫)、昭和8年、日本軍のタクラマカン砂漠への謀略計画秘話。そして、お次は浅田次郎氏の「日輪の遺産」(講談社文庫)、帝国陸軍がマッカーサーから奪った時価200兆円の財宝のゆくえは・・・・。それから最近話題の松岡圭祐氏の「黄砂の籠城」(講談社文庫)1900年北清事変、義和団と日本駐在武官、柴五郎率いる列強11ヶ国の戦い。この作品も歴史ミステリーとはいえ、エンターティナー性が強く時代ミステリーに近い。題材がいいだけにちょっと残念である。以上紹介はこのくらいにしておきます。きりがなくなりますので。秋の夜長を歴史ミステリーで楽しんでください。

さて、トーンダウンしてファッションのお話ですが、婦人服のトレンド変化は実に早いものです。アンダーシルエットもスリムラインから、ゆったり目のバギー風シルエットにいとも簡単に変わってしまいました。こうわかりやすいと業界もMDしやすいでしょうね。

引き換え、紳士服のほうは、スリムシルエットが若年層中心に永らくはびこって、大きな変化は見られません。ゆったりとしたツータックとか、バギーパンツとか、昔日のソフトスーツには簡単に戻れないのがメンズの心理なのでしょうか。レディスと違ってカジュアル性が少ないし、上下変えてゆくには経済的負担もネックだし、何よりも仕事着中心なので、保守的な考えが強く、大胆な変化には、とまどうのでしょう。メンズは時間がかかります。

見本服グレー1

つづく

世界三大ミルの一つ!”タリア・デルフィーノ”

皆様こんにちは!

9月も後半、肌寒い日が増えてきました。。
ブログをご覧の皆様は秋冬の準備は万端でしょうか?

本日は神田南店より
撥水&ナチュラルストレッチのイタリア製生地のご紹介です。

『TALLIA DI DELFINO -タリア・ディ・デルフィーノ-』

タリア・デルフィーノは、イタリアでは“ゼニア”“ロロピアーナ”と並び世界3大ミル(毛織物工場)と称されるブランドです。
世界的に有名な最高級生地を作り出す地域として有名なイタリアのビエラ地方で、
約100年以上の歴史を誇る最高級服地メーカーです。
イタリアを代表するプレタブランドにも生地を供給しています。

talliashugo

日本ではゼニアやロロピアーナ程の知名度はありませんが、
イタリアでは非常に人気が高く、業界関係者からの評価も得ています。

本日も3パターン6種ご紹介します。

 

まず始めにバーズアイ風の織柄が特徴の2色

s203s204

とくにブルーの発色がきれいですね。
s203/ネイビー
s204/ミディアムグレー

 

続いてストライプです。
自信を持っておすすめできます!

s205s206

伸縮性と撥水性も兼ね備え、ビジネスシーンに死角はありません!

s205/ネイビーストライプ
s206/グレーストライプ

 

最後はグレンチェック2種です。

s208s207

定番の柄ですが1種類だけブークレー糸を入れた遊び心のあるデザインです。

s207/ブルーチェック
s208/グレーチェック

dpiならタリア・デルフィーノの生地でも
全て通常お仕立¥69,000(+税)でご用意が可能です!

更にdpi各店では+10,000円(+税)でベストを追加!

いかがでしたか?

撥水・ストレッチの高品質で
更にイタリア生地の遊び心も兼ね備えた素晴らしい生地です。
ワードローブの追加に、ワンランク上の生地はいかがですか?

以前ご紹介したマルラーネやレダとも是非店頭で比べてみてください!!

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから約2週間でお渡しが可能です。

皆様のご来店、お待ちしております!

 

歴史あるイタリア名門服地メーカー”REDA-レダ-”

皆様こんにちは!今日は秋分の日ですね。秋分の日といえばそう!「おはぎ」

実は「おはぎ」と「ぼたもち」は同じものを指していて、「おはぎ」は「御【萩】」だから秋、「ぼたもち」は【「牡丹」餅】だから春などとも言われています。中のもちごめのつきかたが違うとか、形が違うなど諸説あるようなので気になる方は調べてみてくださいね!^^*

秋分の日を迎えて秋も一層深まる中、本日は京橋店よりイタリアの老舗メーカーの生地のご紹介です。

REDA-レダ-

shugo

 

1865年設立の歴史あるイタリアの老舗メーカーです。

レダの特徴は何と言っても「安さ」
語弊が生まれてしまいそうですが「最高級なものに対して安い」という事です!
言い換えればコストパフォーマンスが最高!
その品質を証明するように、名だたるハイブランドでも御用達のREDAですが

今回は珍しくタテとヨコの糸が双糸使いです。
物性に優れ、かつ今時の細身のスーツにも対応できるようストレッチ性もある新しいタイプが入荷いたしました!

色柄ごとにご紹介していきますね!

 

無地感覚でお使いいただけるピンチェック

s191s192

s191/ブルー
s192/チャコールグレー

 

ビジネスシーンに最適なシャドウストライプ

s193s194

s193/ネイビー
s194/ブルー

 

インポートならでわの一捻り加わったストライプ

s195s196

s195/ネイビーストライプ
s196/グレーストライプ

白のラインの横にネイビー地はブラウンの、グレー地はパープルのラインが
左にいくにつれ徐々に感覚を狭くして入っており、
自然な色のグラデーションで生地に立体感が生まれています。

 

見て下さいこの光沢感!

ドレープ

上品で柔らかな風合いはイタリアの十八番!

reda

 

dpiならレギュラーお仕立て 上下¥59,000(+税)でご用意できます!
更にdpi各店では+10,000円(+税)でベストを追加!
流行のスリーピースも手軽に挑戦できちゃいます!
当店で是非賢くお得にお買いものしちゃいましょう!!

他にも、店頭にはたくさんの生地をご用意しております。

心苦しいですが画像ではなかなか生地の良さをすべてお伝えするのは難しいので
是非一度、dpi店舗にお立ち寄りください。

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから約2週間でお渡しが可能です。

皆様のご来店、お待ちしております!

 

 

しっかりとした風合い”1970ファブリック”

皆さんこんにちは!三連休は満喫できましたか?
今週もはりきっていきましょう!

今回は神田南店よりレトロな復刻生地のご紹介です。

”1970ファブリック”

1970shugo

1970年代のクラシカルな素材をメイドインジャパン企画で復刻しました。
特徴は、太い番手の糸でしっかりと目付の入った重厚な素材です。

しっかりとした生地の風合いが何とも言えません。

ビンテージ感覚はそのままに色柄はトレンドを意識したラインナップを揃えました。

 

まずはこちらのピンチェック

s118s119

s118/ブルー
s119/グレー

控えめなピンチェック。
無地感覚で自由にコーディネートをお楽しみいただけます!

 

続いてベーシックなチェック

s120s121

s120/ネイビー
s121/グレー

一着は持っておきたい定番のチェック柄です。
ジャケット、ベスト単品でも重宝しそうですね!

 

最後は変わり色のチョークストライプs122s123

s122/ネイビー×ブラウストライプ
s123/グレー×ブルーストライプ

 

全てウール100%での展開です。
dpiならレギュラーお仕立て 上下¥49,000(+税)でご用意できます!

更にdpi各店では+10,000円(+税)でベストを追加!
流行のスリーピースも手軽に挑戦できちゃいます!

他にも、店頭にはたくさんの生地をご用意しております。

心苦しいですが画像ではなかなか生地の良さをすべてお伝えするのは難しいので
是非一度、dpi店舗にお立ち寄りください。

dpi京橋店・神田南店ではオーダーいただいてから約2週間でお渡しが可能です。

 

「スーツ」というよりは「背広」のほうがしっくりくる
レトロな素材で秋のおしゃれを楽しんでみませんか。

皆様のご来店お待ちしております!